<< 回想54 記憶に残る勝負6 あんなジャグこんなジャグ 4号機編 | main | 好きな台を打ちましょう >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|2016.04.28 Thursday|-|-|-|by スポンサードリンク|

回想55 記憶に残る勝負7 あんなジャグこんなジャグ 5号機編

現在午前6時。みなさんおはようございます。

いつもなら相変わらずの出腹対策のため、ジョギングとか

する時間なんですけど・・・

一昨日より子供が席と熱で大騒ぎw

今も38℃前半の発熱で機嫌が悪いったらりゃしない(^ω^:)


昨日嫁が仕事休んで通院等色々やってくれたのと

今日はシフトの関係でどうしても休めない様なので

自分が有給とって子供の面倒を見ることになりました。


こんな機会は滅多にないってんで今朝から躍起になって

この記事書いているんですけどね(笑)



さて、悪化の一途をたどる更新頻度に逆走しひび増えるアクセス数。

どこで誰が見ているのかまるでわからないながら

時々その数字をみると、執筆活動の意欲が増すってもんです。

そのうち書籍化できないかしら、そして印税を養育費に(あほ)



今回は5号機ジャグラーと対峙してきた中で特に記憶に残っている戦いを

記述していこうと思っています。


その1 苦手意識が生んだ業


2007年、アイムジャグラーEXがデビュー。

「待ってましたぁ!」

とばかりにジャグリストのおぢさんおばさんがこぞって打ち始め

シマは大賑わい。

当時は黎明期、とにかく試験的にデビューした5号機が全く定着せず

ここまで盛り上がった新装は初めてだったかもしれません。

自分もジャグリストとして入替初日より

徹底的に打ってやろうと思ってはいましたが・・・

後光の1/2でガゴることが判明し萎えるのも早くw

このガコ鳴りってのは自分にとっては最悪のファクターで

それでなくても単調な出目が続く中なんの予測もできず

爆音ぶちかまされるなんてねぇ、

びくびくしながら打ってられるかっ (`Д´)ペッ


まぁ、アイジャグがデビューした当時はまだ4号機が残ってて

番長や麻雀が現役だった為、無理に打つ必要は無かったといえば無かったんです。


実際ジレンマはありました。

機械割的な問題でアイジャグのシマに高設定多数が容易に見て取れ

粘っている打ち手にはしっかりコインがついてきている状態。

かたや週1イベントで4号機シマに1台入るかどうかの高設定を

期待して、何よりおもしろいから打ちたいって理由で

低設定打たされる可能性の高さ。

何よりストック、連荘に慣れすぎて体が5号機に移行できない状態だったし。

一気にコイン単価が引き下げられ、1日粘っても差枚で2000枚届くかどうかの

台に魅力を持てなくなっている当時の自分・・・

すっかり浸かってますね、もう狂ってるとしか思えませんw



閑話休題www


2007年の秋、遂にこの世から4号機が全て無くなる日が訪れると。

記憶が確かなら、番長が撤去されたシマにはエヴァまごころ。

麻雀が撤去されたシマにはリンかけ。

その他青ドン、シェイク2、熊酒場と名機が盛りだくさんw


今考えればこの時代ってよかったなぁ。

スペックやゲーム性が向上し、5号機の特性を逆手に取って演出も奥深くなり

すんなり打って楽しめる台が増えてきて。

何より財布に優しいんですよ。


自分的にはずっとこのレートでよかったんじゃないかなと、未だに思ってます。

クランキーコレクションやビーマックスも

出玉性能としてはこの当時のままですからね。



そんな頃当時お世話になっていたホールにそのジャグラーは現れます。

ガール、TMを彷彿とするシャープなGOGO。

まるでオリジナルの配列にビッグフラグが2つ搭載され

GOGOランプが赤く染まることで話題になった

「ラブリージャグラー」


筐体を初めて見た時

「あれ?これなんか面白そう」

と飛びついたんだけど、いきなりガコられてどう打っても

面白いポイントが見つけられず、終いには

「1枚掛けできないジャグラーとかありえねー」

と文句まで出る始末。


当時の自分って制御や出目を探ることをあきらめてたんでしょうかね、

唯一「ピエロのついたBARが中段にビタ止まりした時は小役ハズレ」

には気付いたんだけど、それだけを求めて打つほどでもなかったし

結局下段に滑って光ることもあったので、いずれにしても

ガコ怖くて近寄れなかったということなんです(´・ω・`:)



2008年の初夏、ある日のスロイベント。

この頃になると、北斗将や赤ドンもデビューしており

少しずつ4号機の活気を取り戻しつつある状況で

自分もまずはリンかけから始まってエヴァと北斗の高設定を

狙っていくスタンスで遊んでいました。


この日は夜勤明けだったので少し遅れてホールへ行ったんだけど

もう主戦機種はお客さんで埋まって手詰まり確定w


このまま帰って寝ても良かったんだけどねぇ・・・

そういう訳にもいかず(´ω`;)


ふとジャグラーのシマでラブリーのデータを見てみると

1台、前日のデータがビッグ45バケ30とかw

毎日どこかに設定が入っている状況が見て取れて

しかもローテーションしているくさい入れ方。

今日入るなら間違いなくここ、ってのが解っちゃったからさあ大変。

常連にこのビッグ45回いくら位出ていたか聞くと軽く6000枚はover

してた様なので、ちょいと腰を据えて打ってみることにしたんです。

当然ガゴ音が消える訳じゃないので、耳栓以外にも何か対策を

練らなきゃならないと。

当時何かの動画でライターのういちが

「とにかく中押しがイケる、押したらわかる」

とか騒いでいたので、自分も試しに中押し。

ボーナス図柄が中リールの枠内に止まるとチャンスらしいと

せこせこ打ってたら、少し見慣れた通常出目で

「がこっつつつつつ」


( Д )          ゜゜


ややビタ気味に枠上BARが停止していたので完全に気が抜けておりました。

しかし、この少し打った事でなんとなく制御の特徴を掴むことに成功したんです。

中押しすると「チェリーorボーナス」って局面によく出くわすんだけど

中リール下段赤でチェリーも出たし、上段BARでも出た。

どっちが優先されるかといえば下段赤みたいなので、

仮に下段赤停止がチェかボーナスだとすれば

そこを狙って上段までBARが滑ってきて、右でリプ否定するとどうなるんだろ?


初ビッグから間もなく確認の時が。

意図的に中押し中、下段赤狙いから上段BAR滑りで右リプずれ。

一応左にチェリー狙ってボタンから指を外すと

「がこっつ」


これにてばーてん専用、ガコ対策ベル無視DDTの完成となりましたw


この打ち方って超絶淡白で、赤7中段ビタ停止がアツいと見せかけておいて

「ピエロorベルこぼし」でしかなかったり

(赤7は間違いなくひとコマ滑って下段停止)

BARが上段に来てもリプテンパイはリプ確定なので

ハッピーの中押しみたいにブドウテンパってて左で蹴るなんて

おしゃれなことはありませんw


一心不乱にこの打ち方でブン回し

ボーナスを引き続けその総数なんと70回。

ラブリーの合算確率からすると異様な引きでした、が


バケが43回って orz


投資が600枚程で回収4500枚。

バケが150枚出る機種で良かったといえばいいのか

何故にビッグ傾向機種でもって憂い目にあわなきゃならんのか

40時間以上寝ていないのに眠れなかった記憶がありますw


その2 静寂の衝撃

なんかかっこつけたサブタイトルつけてますけど

クラシックのことですからw

いや、ガゴ音をなんとか排除してもらいたいと切に願っていたら

ついに念願叶ってデビューしてくれましたと、豆電球の復活を土産にして。


恐らく今のところジャグラー実働では癸韻任靴腓Δね。

このブログ書き始めた当時から打ち込んでて、推定6を

終日打ち切った時(ベルピエロとボーナス合算で勝手に6と決めつけた時)

の機械割がほぼジャスト119%w


長い実働の中でバケがビッグを上回る事があまりなく

バケ先行だから高設定と変に力む必要がなかったのが

良かったというか、正直この台とハッピーに関しては

2〜3000Gじゃ絶対設定見切れません(断言)


EX系のわかりやすさを売りにしている台を攻めても

旨味がないからこそ、人とは違う観点で実践中設定を推測し

高設定にたどり着くってのが自分のスタンスでもあったので

立ち回りやすかったといえばそうなんですよ。


抜粋するのが大変なほどこのブログで実践記事書いてますけど

あらかじめ絞っていた保険で大勝ちしたり

これで6一本釣りしたり

これが立ち回りと死んでも言えない状況でも大勝ちしたり


こうこれらの記事読み返して思うこと。

世の中には科学では解明できないことがあるっw

(店が甘いだけっす)


その3 忘れられない2011


まぁ、今更ですが・・・

うちの子は東日本大震災の時に生を受けました。

正確に言うと震災から3時間後なんだけど

なんでまた喜び飛び上がりたい時に限ってこういうことが、と

実体のないことに対して卑下してみたり

素直に喜べない状況に憤りを感じたり。


震災に対して今望むことって、やっぱり被災者の皆さんに対する

復興支援を一刻も早く行ってもらいたいというところでして。


ところがだ。

やれ絶叫号泣しながら献金の使い道をごまかそうとする輩や

コンドームに穴開けてだのなんだのふざけたこと言うような輩が

政治家とかやってる事ばかりニュースになって

最近の復興状況や支援補強、義捐金の使い道やしっかり行渡っているかどうか

とか・・・

全く観ません聞きません。


セルフでいろいろ調べると、未だ非難している人やら

震災が影響して転居し元の住居に戻れない方が

25万人以上おられるという事実。


自分が寄付した義捐金、どういう風に使われたのかなって

心配するようなニュースも流れたし、3月11日にだけ

特番するのではなく、定期的に報道することはとても大事なことだと

思うんですよ。


さっきまでジャグラーの話していた人間が何を言ってるか(`゜Д゜´)コルァ


と怒られそうなのでモードを元に戻しまして・・・


ここに書いたことがすべてですかねぇ


これ以降すっかりハッピージャグラーにはお世話になっております。


 










 
|2014.07.19 Saturday|専業時代のお話comments(0)trackbacks(0)|by ばーてん

スポンサーサイト

|2016.04.28 Thursday|-|-|-|by スポンサードリンク|
コメント









この記事のトラックバックURL
トラックバック
 
プロフィール サイト内検索
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
新しい記事 コメント
アーカイブ カテゴリ リンク モバイル
qrcode
Others Others
ムームードメイン
    

ページの先頭へ