<< 回復 | main | 横揺 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|2016.04.28 Thursday|-|-|-|by スポンサードリンク|

回想42 若気のいたりとソレックス



以前登場したばーてんの親父(65)、息子(1)、さくら(1)のスリーショットw

この時はまさか自分が3週間後インフルエンザに侵されるとは思ってもみませんでしたがorz

職場へ解熱したことを報告したんだけど…

鬼のK総務主任より
「今週は仕事にでて来るなバイキンマン(`д´)ペッ」

そうはっきり言われたw

少し歩いただけですぐ息切れ起こすし、咳も止まらないから仕方ないんだけど、まさかバイキンマン呼ばわりされるとは(´д`;)

堂々と仕事休めるのはそりゃ嬉しいけど、やっぱり人間健康第一ですよ。

流石に今打ちに行け言われても行けないしorz


今朝強い倦怠感の中ボーッとしてたら、おぼろげだった過去の稼働を鮮明に思い出したので、忘れない内に書いておこうかと思います。


1993年の冬、正にクリスマスシーズン、学生だったばーてんは一人札幌へ遊びに出掛けてました。

冬休み帰省するのに学校のある「現日ハム監督町」から札幌に出る必要があったからなんだけど、この頃から既に一人旅癖みたいなものがあったらしく、もうウッキウキでしたw

バイトで稼いだお金とスープラで稼いだお金で結構リッチだったので、札幌で1泊してから帰ることにして、どこのパチ屋に行こうか歩き回るわけです。

男の性なのかはわからんけど、全く札幌の土地勘なんてないのに歓楽街(所謂すすきの)の場所がわかったんですよw

狭い路地を歩いていくと「お兄さんどうですか?今ならお待ち頂かなくてもすぐイケますよっ」とか「当店No.1すぐ案内できますよ~♀」等、これを誘惑と言わずなんと言う(´ω`※)

当事まだ弱チェだったばーてん、流石に抵抗もあり、逃げるように入った建物がパチ屋でしたよとw

パーラーワイド。今は名前も変わった筈だけど、ロビンソンというデパートの裏にそのパチ屋はありました。

自分が通った狭い路地もライラック通りと言ってソープランドヤッホーな所だったんですわ\(^^)/

なんかこう得体の知れないムラムラ感に襲われながら、放心状態でスロットコーナーの地下に降りると…

店員のお姉ちゃんがみんなピッチピチのボディコンで、スカートなんて膝上20?か?って位短くて、おぱいが半分出ててw

今考えたらアレって恐らく近くのお店と提携してたのかな…

っつーか、そのパチ屋で打ってる殿方の目的なんて一つしか無いでしょうよ。

妖艶なお姉ちゃんにすっかり魅了されて大好きなスロの事すらブッ飛んだけど、少し落ち着いた頃改めて見てみる
と、まだ夕方にもなりかけていない時間なのに、頭上に6箱積んで未だビッグ消化している台が(゜ω゜;)

そのビッグ終了後、ボディコンのお姉ちゃんが鍵回してリセット、その数G後中押しでど真ん中に7が停止している段階で新しい箱に下皿のコインを移して、当たり前の様に揃う7。

「きゅんきゅんきゅん」

ファンファーレと呼ぶにはちょっとチープな機械音なんだけど、スープラとニューパル位しかパチスロを知らなかった自分にとって、このダイナマイト412の衝撃は凄まじいものがありました。

こんだけ出る台なんだから、出ないとなったら…と恐怖感も強く412はスルーw

で、特に根拠なくたどり着いたのがユニバーサルの4号機、ソレックスでした。

また打ちたい台ランキングにも少し書いたけど、このソレックスを目の前にして、頭の中はもうソレしかない訳でw

勝ったら行く、負けたら帰るで打ち始めます。

投資4000円、いきなり左中段チェリーで右下がりに7がテンパイ。

あらっ?と手が止まらずそのまま7が揃ってしまうんだけど、今思い出したらそのチェリーの色は赤、明らかに後目だったなとorz

間もなく下段77スイカのリーチ目出現、7狙ったらベルが揃う。

これが2時間に1回現れて3000枚も夢じゃないベルラッシュって奴?

やった、3000枚、隣の店、No.1w

ぶっちゃけおっきしながらスロ打ったのこれが最初で最後だったんじゃねーかなOLT

まぁ3000枚はおろか200枚も出ない位で7が揃うんですけどw

その下皿いっぱいのコインが無くなりかけた時、やっとある事に気付きます。

んな旨い話しはないよなぁ、と諦め半分で打ってて、ちょうど足元にコインを落としたので拾いながらボタンを押したんです、盤面目の前にして。

…!?(゜ω゜;)

薄暗いホールだったのでその眩しさが異常に強く感じまして。

左上段ピンクチェリーで中段スイカテンパイの型をうなされたショックからか鮮明に思い出しましたw

そのビッグ消化後、じゃ7が揃う時何か起きてるのか?とリールを注意して見ていたら縦、横、十字と色々起きてて、余程お姉ちゃんに神経持ってかれてたんだなと。

いや、19歳ですよ仕方ないw

フラッシュの無いリーチ目はラッシュで消化している内に縦とかにフラッシュ走ってビッグ。終わってまた少ししてラッシュ入ってを繰り返し、自己最高記録となる3箱目に突入。

ボディコンのお姉ちゃんに何度も補給してもらって、その都度おぱいが近くに来たり太ももがくっついたり香水が堪らなかったりで店行く前にイキそうなんですけどw

4400枚を交換し、ズボンからはみ出しかけているばーてんのばーてんを何とかしてもらおうとホールを出ると、さっきの華やいだ雰囲気がやけに静まり返っている様な…

さっき一所懸命に声かけてくれた人に勇気を持って聞いてみる。

ば「あの~…」

客引き「ごめんねぇ、お店の受付12時迄なのさ、また明日よろしく」



今何時だ?

12時40分???

当事って風営法もそんなうるさくなかったんでしょうかね、このパーラーワイド、12時半迄営業してたみたいで、自分も出てることに興奮してたから時間なんて気にもしてなかったしw

ホテルに戻って有料みながらそれは素晴らしい自家発電でしたとさorz

※ちなみに、翌年の冬学校の同窓会で全くおんなじルートでワイドに赴きダイナマイト412とリノでフルボッコにされ、友人に御風呂奢ってもらうと言う屈辱的なこともありましたw

記憶ってホント曖昧だなぁ、と思ってみたりorz




|2013.01.22 Tuesday|専業時代のお話comments(0)trackbacks(0)|by ばーてん

スポンサーサイト

|2016.04.28 Thursday|-|-|-|by スポンサードリンク|
コメント









この記事のトラックバックURL
トラックバック
 
プロフィール サイト内検索
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
新しい記事 コメント
アーカイブ カテゴリ リンク モバイル
qrcode
Others Others
ムームードメイン
    

ページの先頭へ