<< 別離の日まで | main | ホールでまた打ちたいランキング 5 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|2016.04.28 Thursday|-|-|-|by スポンサードリンク|

ホールでまた打ちたいランキング 4

明日新居探しの為家族でお出かけ予定・・・

興奮して眠れない orz


そういえば最近スロの事あんまり書いてないなぁ・・・とか思ったが最後

急にモチベーションがだだ上がりw

最近の台にあんまり興味の持てない可哀想な38歳のはけ口的な感じで

今回も自己満足満載でお届けいたします(笑)

まぁこれを書こうと思ったきっかけはヤスナオ氏のランキングを見たからなんですけどねw

自分より全然若いのに感性が似てると言うか、

ホントは年齢ごまかしてるんじゃないの?とか思ったりw

彼の最新の記事後半に記述されてることは自分の思っている事と

全く同じ。スロってのはそもそもリールがすべてでしょって事ですよ。

自分は結局稼働時間や探究心を沸き立たせてくれる台と出会えない

現状に萎えて、こうして過去の事を書いて己を慰めてたりするわけだけどw


ホールでまた打ちたいランキング4号機編(1997年)

5位 ジャグラー (北電子 1997.1)






デビュー当時は「ボーナスの成否が第3ボタンを離した瞬間にわかる」

このゲーム性が受け入れられなかったのは正直な感想。

しかも制御がファジーすぎて「全然スロじゃない」とかも思った。

初打ちは忘れもしない、コンドルの1を打ち続ける事に飽き始めた頃。

入れ替えで入ったこいつがもう凄い剣幕で噴いてて、一応触っておこうと

400枚程度のコインを持って台移動した事から始まります。


すぐにビッグを引いたんだけど、そのコインが全部飲まれて

更に追う事1500枚 orz

っつーか光らんの?いい加減にしてよ。

もう光るまで打ってやるとか思ったら、光る前に7が揃ってwww

この時既にGOGO中毒症状が発症してたんでしょうか

「あ、しまった」とか思ったし。

恐ろしいのはこっからで、推定差枚数マイナス2300枚はあっただろう

スランプをほぼ一撃で回収とっ超えて1000枚位浮いちゃった(笑)

左に7かBARが止まる→第3ボタンねじって離す→光るw

この行為がこれほど楽しいものだとは思いも知らず

今思えば当時の姿は明らかに今のジャグ打ってるおっさん以外の

何者でもないw


考えてみれば、あれからあと数年で20年経とうとしているのに

未だにこのゲーム性は色あせず、現在Aタイプのトップに君臨

ときたもんだw

チェリーの出現率が高く、ちょっとウザいのもあるのだけが難点。

割が低い、ただそれだけでGOGOジャグラーまでほとんど打たなかったんだけど

当時に戻ることができたなら、きっとフル攻略で打ち倒していることでしょう。

制御なんか詳しい事については今年中に絶対書くつもりです。

第4位 ファイヤールーレット (マックスアライド 1997.3)

画面

マックスアライドw

デビューと同時に香ばしい挙動を見せつけてくれるメーカーなんだけど

この機種はとにかく7の形をした図柄が沢山あって

それがリプレイだったり小役だったり色々役割があると。

なので停止形やスベリによって小役ハズレの形がメインのリーチ目

だったはずなんだけど・・・

そもそも何が揃ってるのか外れてるのか何なのかわからないw

「はいリプレイねぇ・・・あれ、レバーが反応しない」

っつーか外れてます、入ってますみたいなw

左1確の「金・青・金」なんかボーナス終了後狙ってるとすぐ出るし(笑)

ハマりだすと一生何も当たらないんじゃないかって位凄い所連れてかれるし

なんか「パチスロ打ってるなぁ」って当時も思ってた。

こういう表面から「どーだ、俺なんか怪しいだろ」みたいな台って

もう出ないんだろうけど、勝ち負けじゃなく「今日はどうなる?」位色々背負って

打った方が面白いのは間違いない。

人間的には大きな間違いなのは良くわかってますがw


第3位 ボーナスショップ (ECJ 1997.11)



リール制御なんかについては以前書いてるので割愛。

何が面白いって「同じ所を丸1日狙ってるのにもの凄い数の入り目が見れる」

って所なんです。

しかもどれだけ極めても「入って無い時でも出る出目」のせいで

後目で驚かされることも多く、ホントに飽きない台だった。

当時のユニバ、ECJの台って基本「フラグ成立Gの左リールはハズレ時と同じ制御」

で1確は存在しない。

自分はハサミ打ち1本で打ってたんだけど、2確が盛りだくさんなのに

それもほどほどにしか停止せず。

第3リールを少し諦めて押したら入った、って事がもの凄く多いw

同じ所しか狙って無くて、当然右も同じような所が常に止まってるのに

常に期待しながら打てるってのは凄いことだと思う。

だもんだから2確が炸裂した時すぐに気付かず

第3押そうとした時に鳥肌とかw

エイリヤンビギンズにはどうやらこれに似た衝撃がある様で

打てなかったことがもの凄く悔しかったりします。

ボーナス中の音楽もすごいおしゃれでカッコ良かったなぁ・・・

どっかに音源ありませんかね?本気で探してます。


第2位 セブンティセブンA (高砂電器 1997.10)



小さい下皿、詰まりやすいコイン投入口。

なんでこんな筐体にしてしまったの?と文句言いまくってた高砂。

確か今の社名はアビリットだった様な。

どっちかと言うと当時もマイナーの部類の機種だったんだけど

ビッグ、バケ、集中を搭載したA−Cタイプで

ボーナス図柄が7が3つ、7が2つ、7が1つの3種類。

並んだ時の7の数が7個以上でビッグ、6個でバケだったかな。

それ以外の数はシングルでこれが集中時沢山並びます。

リーチ目やゲーム性も当然大好きだったんだけど

何がたまらなかったかって「high way star」なんですよw

1972年deep purpleっていう有名なバンドが発表した

当時のギターキッズなら必ずコピーしてるだろ的なカッコイイ曲なんです。

ちなみに兄弟機の「トリプルセブン」のビッグ中は

Europeの「final count down」で、やけに選曲の趣味いいなぁとか。

当時は結構「ビッグ中の音が聞きたいだけで打つ」って台もあったんだけど

この機種に限ってはゲーム性が良かったのですっかり虜になってましたw


第1位 ドギージャム (ECJ 1997.12)



ダントツのぶっちぎり、恐らくこの「ホールでまた打ちたい」シリーズ

過去3作、これから書く数作すべてをトータルしても上位にランク

するのは間違いない、初代変態制御ことドギーですがw

これも過去にのっそり記述しているので具体的な制御については割愛。

では、なんでここまで陶酔してしまったかと言うと

「ボーナス成立G時の左リール制御が複数化した」事につきます。

上にも書いたけど、当時のユニバ形はハズレ時と同じ制御をしないと

ボーナスの期待が持てず、通常と違う形に停止したら小役確定だったんだけど

このドギーから「成立Gで1リール小役ハズレ目が搭載」とか

「成立Gでスベリ条件でビッグ1確あり」等よりリールと喧嘩することが

多くなりましたw

枠上、枠下に7が隠れている1リール小役ハズレ目で

ビッグ確定の形がある、ってのは当時は革命。

普通だったら上の7引きこむだろ?なんでここ止まってる?とか

独り言が多くなりますwww

数年後「アイスストーリー」や「スペックA」なる台がデビュー。

明らかにドギーをリスペクトした開発者の作品だってのは打ってすぐわかり

胸熱くなったりしましたが、個人的な見解では残念ながら

ドギーの方が制御が細かく深かった。

同じ所を同じように押しても毎回リーチ目がバラバラ。

多々法則性があり、だからってハズレ目が単調じゃなく

いつもボーナスを期待できる。

とんでもないレア目が止まって凍りつく。

もう1回そのレア目が見たくて狙うけど、結局出ることは無かったとかw

はぁ・・・戻りたい (;´Д`;)



もっと書きたいこと伝えたいことはあるけども

これ以上書いても誰も付いて来てくれないかもしれない、

っつーかもう付いて来て無いかもw

でもすごいストレス解消になったかも(笑)

今後も似たようなことは沢山書くと思いますがご了承くださいw

さて、明日の為にもう寝ようzzz





|2012.02.21 Tuesday|打ちたい台ランキングcomments(4)trackbacks(0)|by ばーてん

スポンサーサイト

|2016.04.28 Thursday|-|-|-|by スポンサードリンク|
コメント
どもです。

もう釣られ過ぎましたw

マックスアライドはノーマル探すほうが難しいくらい香ばしい台ばっかりでしたし、ボーナスショップは地元にあって大好きでよく打ってました。
ゲッターを打たずにライトアランプ打ってたりw
この当時のECJは神でしたね。

セブセブは盤面押しが流行りましたよねw
あの7の数で足し算してボーナスってのは斬新でした。オイチョカバとは違うなと。
BGMがハイウェイスター、音源私も探してますw

そしてドギー。
リールで楽しむ事が出来る人であれば嫌いな人なんていませんよねw
ドギー撤去でMr.Do新台とかキレそうになった思い出があります。

あの頃に戻りたいですw

|k2|2012/02/21 11:29 PM|
>k2さん

ども、お釣られなさいましてありがとうございましたwww

偶然ですが、ドギー撤去→Mr.DO導入は当時のマイホも一緒で orz

あまりのクソ制御にぶち切れそうになったのはっきり覚えてます。そのあと出たウイスルは大好きだったんですがあれは究極の駄作だったなぁと。

セブセブの盤面押しありましたねw

素人らしきヤンキーが無理やりおして割ってダッシュで逃げたはいいけど捕まってましたw

もう何十回と言ってますけど、この頃を楽しんでる人が今の機種を純粋に楽しめって方が無理な話かもしれません。
|ばーてん|2012/02/23 8:20 PM|
ども、年齢詐称疑惑浮上中のヤスナオでおますw

これらの台が出た当時は正真正銘の厨房だったので触ったのは後年まで残ってたジャグラーくらいのもんですが、過去の台のリーチ目集なる記事を見て「これ超打ちてぇ!」ってなったのがボーナスショップとドギージャムでした
(;´∀`)

で、スペックAのスーパーチェリーの虜になったとw

第2停止で弱い出目で諦め気味に第3止めてビックリってのはエイリヤンビギンズでありがちなパターンで、
1枚役で成立G限定的な出目もあるし、今まで打った5号機の中では一番近いのかなとは思います。

あくまで「5号機の中では」ですがね
(;^ω^)

あ、それと近所の店にテンションブースターが入ったので近い内に打ってきますw
|ヤスナオ|2012/02/24 10:51 PM|
<ヤスナオさん

レス遅れすんまそん orz

どうですか、この「5号機世代全く無視」な記事はw

最近稼働しましたが、若い皆さんはボーナス成立告知が出るまでフリー打ちで消化している方がホントに多く、時代の変革を改めて体感しました。

今年は稼働が増える予定なので、自分もなんか新しい台打たないとな・・・と思って打ったのが空愛3w

すっかりヤスナオ氏に感化されているのも否めませんがね (´ω`;)

少々リール制御の淡白さは仕方ないんでしょうけど、最近打った台の中ではかなり面白い部類だったりしましたw

テンションブースターの突っ込んだ記事期待していますよ。こっちもスカイラブについては書いてみたいと思いますので。
|ばーてん|2012/02/27 12:34 PM|









この記事のトラックバックURL
トラックバック
 
プロフィール サイト内検索
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
新しい記事 コメント
アーカイブ カテゴリ リンク モバイル
qrcode
Others Others
ムームードメイン
    

ページの先頭へ