<< 回想6 あまりにも未熟な人生設計と退職届 | main | 回想8 プロだらけ 裏道探して 裏でしのがん(字あまり) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|2016.04.28 Thursday|-|-|-|by スポンサードリンク|

回想7 これどんなんなってんの?

 


今回紹介させていただくエレクトロコインジャパンの超名機

「ドギージャム」であります。


1998年2月1日、晴れて無職となり(汗)好きなだけパチスロが打てる

と、当時はそりゃ喜びましたよ。

さほど荷物もなかったので引っ越しもあっさり終わり、水道やガスなどの

手続きも早急に終わらせ、昼イチにはホールへ出向きます。

日ごろ情報をくれたホール常連のみんなにジュースを配り、なぜか

「今日からよろしく〜」だって。なんとまぁ楽観的な。

レッツの設定判別法も雑誌に掲載されており、コンテスト、レッツ、ゲッターの判別を

軸に、ダメならコンドルやタコを打つ、というもう負けようのないスタイル。

ちなみにコンドルの設定1ですが、実際打ってた人間にしてみれば

思ったほど甘くなかったです。雑誌には7000Gで等価で日当2万、月50万

も夢では云々書いてましたが、引きの問題か、それ以外の問題か・・・

当時某店でどうやっても出ないコンドルやタコがある、と話があって

わたくしと当時の仲間3人で試しに打ったのですが、結果4人の負債が8万円(*_*)

・・・裏か?とも思ったのですが、ものすごい稼働にも関わらずド連している台は皆無。

後に業界の方から聞いたのですが、当時はしっかり抜けるロム、ってのがちゃんと

あったみたいです。しっかり確認した訳じゃないので真意はわかりませんが

信憑性としては高いと思います。

それじゃないとしても、コンドルの1は勝てるとわかっていても「苦行」

当時から仲間に色々教えられて、より高い割を目指すという立ち回りを

行っていました。設定判別はホント勉強になりましたよ、出てても設定高くないとか

さっきストレート1200ハマった台が6だったとか、確率ってすげぇな〜みたいな。

逆言えば、判別が落ちれば(高設定が確定すれば)どんな展開でも

粘らなきゃならなくなるわけです。俗にいう理論値を追うって事ですが・・・

これがホントつらいの一言。もうすべてが作業な訳ですよ。フラグ成立に

一喜一憂してる暇なんてないっていうか・・・これ書いてて気づきましたが

わたくし理論値、期待値、この二つの言葉が嫌いでして。きっと一時

こんなことばっかりやってたからなんだろうなぁ、とか思っとります。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

かなり話それましたね(汗)

とりあえず無職のばーてんは1カ月まじめに(?)稼働します。

3月に入り新台入れ替え「ドギージャム地域最速導入!!!」とかなんとか。

エレクトロコインジャパンは当時おもしろい台ばっかりリリースしてまして

チェリーバーをはじめトリプルウィナー、ゲッターマウス等など。

特にゲッターが優秀機だったので期待度は最高潮なのですが、いざ打ってみると

最初はまるっきり「?」な訳で。

DDTは必ず行わなきゃならない、これ当時のお約束で早速色々試してみます。

結局最初に狙った左の赤7を枠上、って手順で自分は落ち着いたのですが

少しずつ理解していくうちに「これどんなんなってんの?」となりました(笑)

左の形にビタどまりした場合、成立フラグは「チェリー以外全部」

となります。確率上ほとんどリプレイ、プラムなのですが、ベルやプラムがテンパイして

右で外れれば両ボーナス共通。たまに真ん中沖鵜阿停止して小役ノーテン

の2確がさく裂したり(ベル割れなんて言ってましたな)プラム、リプ、ベルが

トリプルテンパイしておいて(意味深に滑りながら)右にが止まって

全部外れてみたり。もう音もないのに驚きの連続。

だからって上段にに赤7が滑ってきてもボーナスの期待がないわけじゃなくて

中リールど真ん中に´の4か所が停止したら全部2確(まだあったかも)

中段プラムテンパイは外れれば確定、それ以外の形でも右リールの停止

如何ではリーチ目になる等など・・・やばい、語ってたら夜が明ける(;一_一)

一番驚いたのは・・・リーチ目表に右下がり赤7赤7チェリーが記入されてたのですが

いくらこの目が来ても全くボーナス成立している気配がない・・・

で、「これガセなんだろうなぁ」とか思った時に、左からの右下がり赤7テンパイで

右リール下段に阿離船Д蝓爾停止・・・右中段に白7が止まっています。

「・・・・・・・・・・・・・・・・・まさか・・・・・ねぇ・・・・・・・・・・・」

これがビッグ確定目だと、誰が気づくかっちゅーの(爆)

右リールГ離船Д蝓爾眛瑛佑如∩乾蝓璽觧澆瓩董▲戰奪媛,靴董▲譽弌爾

叩こうとした時に鳥肌が立つ、この感覚(^^)今は考えられないですよね。



あとはビッグ中のハズシがどれくらい効くものなのか、って問題なのですが

えぇ、効きます。当時の主力機種、コンドル、コンテスト、タコ、レッツ

そのどれよりも効きました。

メイン小役はプラム、ベルもかなりの頻度で落ち、ハズシをしなくても

ジャックインの引き次第では450枚とか平気に出ます。

最初は中リールの狙う場所が限定できなくて今一つだったものの

狙う個所をの単独ベルにして獲得枚数が激増。

難関だったのはリプレイを外すという作業で、配列を見てわかる通り

┐離戰襪鬟謄鵐僖ぅ薀ぅ鵑縫咼寝,靴靴覆韻譴个覆蕕覆ぬです。

ビッグ中リール止める度「いち、にい、さん・・・うーん足りない」とか

左リール確認して、ようやくリプレイの間が5コマ空いてた場所がここで(汗)

雑誌での解析でハズシ完璧手順平均獲得枚数435枚、だったかなぁ・・・

この枚数はっきりいってすごいですよ。

当時のデータなんかは書きとめていないのではっきりしたことは覚えていませんが

ドギージャムを終日打ち切って負けた記憶が2回しかありません。

どちらもボーナス間1500G級の大ハマりを喰らって心が折れた記憶がありますが、

それだけ勝てた機種でした。

雑誌の記事より先に自分で攻略して美味しい思いができた台って

後にも先にもこいつだけでしたね(^−^)


さて次回ですが・・・「サンダー后廖屮弌璽汽后廖峅峅弌廚裡概ー錣砲弔い

お話させていただきます。サンダーやバーサスは今回のドギーより先に

デビューしているのですが、ドギーがあまりにも美味しすぎて打つのが

後回しになっちゃった、というのが本音でして。

裏モノのエピソードなんかも交えてお話させていただきますね
|2009.06.01 Monday|専業時代のお話comments(2)trackbacks(0)|by ばーてん

スポンサーサイト

|2016.04.28 Thursday|-|-|-|by スポンサードリンク|
コメント
ちょいゴブですm(__)m

バーサス...当時、私の給料の3分の2を持っていかれた機種ですね(-ω-;)
当時、スロを打ち始めたばかりで、リプ外しも出来ないくせに、とにかく楽しくて楽しくて…負けても楽しくて給料の3分の2...(-ω-;)

フラッシュがたまらなかった記憶があります♪
今でもビッグ音覚えてます(;゚∇゚)b

期待してますぜ〜(@´ε`@)
|はなまり|2009/06/02 9:32 AM|
自分は、初めて打った機種が花火なので、次の更新楽しみです。

裏モノも結構打ちました。
機種はハナハナ、ハイビーです。
|しっしっし|2009/06/02 4:33 PM|









この記事のトラックバックURL
トラックバック
 
プロフィール サイト内検索
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
新しい記事 コメント
アーカイブ カテゴリ リンク モバイル
qrcode
Others Others
ムームードメイン
    

ページの先頭へ