スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|2016.04.28 Thursday|-|-|-|by スポンサードリンク|

貪る

 本日1日お仕事お休み、とは言っても嫁の術後経過診療と言うことで、

朝8時半には自宅より約90厠イ譴辛賊,砲い拭頁)

えぇ、普通にお仕事の日より早起きでしたけど何かw


自分の担当は「運転手及び息子のお世話係」な訳で

車を運転していない時は100%自分が息子を抱っこして

嫁の後をついて行く・・・権力のないダメお父さん的なポジションでおk orz

最近背中の張りがとれないんだよねぇ(笑)

受診が終わったら、出産祝いを頂いた皆さんに挨拶とお返しを配る為

更に動き回り、自宅に帰ってきたのが17時を大きく回ったところ。

忙しくて朝マックしか食べてない(;゜ω゜;)


で、ゆっくり夕食といきたいところだったが、19時より

「年度始めの職員全体会議」なるおちゃらけ寸評会(なんだそれ)

がある為、帰宅後の後片付けが終わった頃にはちょうどその時間。

PC開いて普段見ている記事を見て、コメして車に乗って、と

結局気が緩む暇も無いまま1日が終わる感じどす(´ω`:)


今も下では息子が泣いておりますが、最近実室休みのない

自分に嫁も気を使ってくれていて、早く寝てくれとご指示を頂きましたw




ここ数日自分の仕事に対する知識の浅はかさに少し憤りを感じていて、

毎日夜1時間程度は読書やネットで色々調べ物をしようと縛りを設けました。

今日がその4日目。それを初めて


睡眠時間が平均3時間弱 orz


1時間という時間制限だけがどうしても守れなかったりします(´∀`;)

んー・・・福祉ってのは難しい(今更?)

自分は老人福祉専門、後々は社会福祉の国家資格も取って

オールマイティーに関わっていきたいと言う夢と言うか野望があります。


しかし、社会福祉云々語る程老人福祉に精通している訳でもないっ


少し自惚れもありましたかねぇ・・・花形商売の高齢者福祉業界は

秒単位でその形を変えている様子でして。





今日、自分が高齢者福祉の世界に進もうと思うきっかけを作ってくれた

祖母の墓前に4年ぶりに手を合わせました。

どうしても「お家の事情」の壁が乗り越えられず、

手を合わせる事もできなかったんですよ。


もう涙を堪えるのが大変で大変で(;´Д`;)

祖母の口癖は「お前の嫁と子供を見てから死にたい」

生前ずっと話していていましたねぇ・・・


亡くなった時祖母は94歳、十分大往生なんですが自分は筋金入りの

「ばあちゃん子」

今から約5年前、入院している事自体知らなかった自分は

ホールで朝から打ってて、打ちながらもなんとなく祖母の事が気になり、

叔母に連絡した所打ってたホールからものっそ近くの病院に

体調を崩し入院していると(゜Д゜)

体よく浮いてたところで終了して見舞いに行きました。


この前に祖母と会ったのが半年前、市内の老人保健施設に入所している時でした。

その時も歩くことはできない状態、歩行のリハビリをしながら車いすに乗って

要介護度も4。それでも自分でできることはやって、体調に問題はないと

いう事も確認していました。



っつーか祖母にとって自分は末の娘の子供、一番可愛かった様で

自分も祖母の入院を何故教えてくれなかったのか?親戚一同に軽く

(嘘、思い切り)キレた記憶がw


病院に到着し叔母の待つ病室は個室・・・

衰弱している祖母に一瞬絶句ですよ。

もう体を自由に動かす事はできなかったんだけど、自分の事はしっかり覚えていて

普通に話もできました。その時も「結婚はまだか?」「お前のひ孫がみたい」等

ずっと話してました。

介護福祉士である事を看護士に話し

看護助士の体位変換を手伝い、食事介助をし、写真を1枚とって帰宅。



その3日後に母より「亡くなった」と電話をもらいその場に立ち尽くし、

頭の中は真っ白け。

あの時は久しぶりに夜一人で大泣きしたっけかw


しかし、偶然にしてはちょっと不思議なんですよねぇ・・・

ぶっちゃけ「あ、これは呼ばれたな」とか思いましたもの(笑)

だいたい普段絶対行かない様なボッタクホールで打ってたのが

狼列伝とか、絶対考えられない(´Д`)


今日、墓前に手を合わせる事ができたのは、祖母が会いたいと望んでいた

自分の子供の出産祝いのお返しを渡す用事があったからこそ。

これも恐らく偶然じゃ無いんだろうかなとw




去年は自分の立場とか役職とか将来にこだわりすぎて、周りが見えなくなってた

という痛い反省があるので orz 

今年はまず自分のできる事をしっかりやる、できる事を深く掘っていく、

極めていく作業をしていこうと墓前で目標をたてました。


ばーちゃん、俺もう37歳だから頑張るよ(爆)








|2011.04.25 Monday|著者もよくわかっていない福祉の話comments(2)trackbacks(0)|by ばーてん

行き詰まり

 な〜んか息つく暇もない13時間労働・・・


疲れた orz


自分が作った議案で行った会議も中途半端。

急に不穏になったおじいちゃんの対応やら

違うおじいちゃんの娘さんが急に亡くなって

そのお通夜の付き添い等など。


自分の仕事のできなさ、疲労困憊の中での精神労働とかが

一気に己にのしかかってみた。


初めて嫁に「仕事嫌になった」と愚痴ってみたり。


別に優しい言葉が欲しくて言った訳ではないけれど

これ位涼しい顔してこなさなきゃいけないのは十分理解している

つもりなんだけど。


明日になればまたアフォな自分に戻るってこともよくわかっちゃいるけど

なんつーの、しんどいですわ。


自分のブログで他人様の気を使う必要もないと思いつつ

思ったまま綴ってみましたが

ふと読み返したとき

「なんでこんなこと書いたかな」



後悔するんだろうなぁ(爆)
|2010.04.27 Tuesday|著者もよくわかっていない福祉の話comments(2)trackbacks(0)|by ばーてん

最近のテレビ

 高齢社会真っ盛りが原因かどうかはわかりませんが、

最近やたらと自分の仕事に大きく関係している報道がテレビに

流れております。

グループホームの火災や(北海道だなこれ)老人ホーム入所者の殺人未遂

等、明るい話は全くありませんがね。

今週のいつだったか、野暮用で介護職員の詰め所に行くと

夜勤明けなのにやたらと元気な介護福祉士S(24歳独身スタイル抜群の

超可愛い・・・位書いておけば喜ぶだろ)が「ちょっと〇〇さん!看護師が

年寄りの骨折っちゃったぁ」とか報告してくる。

・・・・・・・・・?

言うこと聞かない年寄りにうちの看護士がトップロープからムーンサルトプレス

でも決めたんだろうか、全盛期の武藤みたいに・・・とは思わず(爆)

テレビで福祉施設内の人間関係からくるストレスが原因で、入所されていた

お年寄りがストレス発散の餌食になっていた、という恐ろしいお話。


自分は介護福祉士のはしくれなもんで本来であれば「なにぃ〜!?そんなこと

が許されると思っているのかぁ〜!!!(怒)」

と、思わなきゃならんところなんだけど、ぶっちゃけ正直

「・・・年寄り傷つけるのは最悪だとして、でも心情的にはわからなくはない」


社会、職場なんてものはどこでもそうなんでしょうけど、うちの施設の場合も

職員同士の人間関係ってのが当然ありまして。

八方美人のどーもならん連中が沢山いるせいで、介護職員がまとまるなんて

ありえません。なにかあれば「またあの人が」とみんなで噂しておきながら

違うところでは「あの人のあの事であなたの事ああやって・・・」

とまたわやわやひそひそと。

これらの話が仕事と直接リンクしているところでやってくれちゃうもんだから

さあ大変。例えば・・・

仕事で誰かの悪いところ発見〜、でもその事を発見した人は絶対直接その人には

言わない。仲の良い(ほとんどうわべだけだけど)人に文句口調で話す→

その人が違う人に(以下同文)→以下同文→悪いところを発見された本人に

「そうやって悪く言われてるよん」的な感じで耳に入る・・・等など。

これに前述した八方美人的「私はあなたの味方よ」フレーバーが加味されて

更にてんやわんや。

これが日常茶飯事だからねぇ・・・

ん?ここは小学校か???と、思う事ほぼ毎日。



福祉の職場ってのは基本女性の職場です。ばーてんの職場では男性より

女性の方がうわさ話、中傷話が好きなようで。まぁ男性もそれに混ざって話して

いる場合が多いのですが     orz  

実は自分もそうやって陰で色々言っている側の人間だったんですよ、

薄っぺらい職場の人間関係を繋ごうとして。最近この事に対する後悔が

多くて多くて、少し寝ててうなされる事があったりするから困ったもんで(実話)



今回何人もの高齢者を傷つけてしまった看護師・・・仮にこの看護師が

うちの職場でターゲットにされ、非難中傷を「間接的に」受けていたとしたら









  
                            default jpg




やっちゃってるんだろうな(ド爆)



意味不明な方はこちらをご覧ください(笑)

基本北海道民にしかわからんネタかもしれませんが。


これ見てる皆さん、最近「眠れて」ますか?

鬱病発症の初期症状のほとんどが不眠の様です。

自分は全然大丈夫ですが、どんな病気でも若年化してきていますので

もし悩み事や色々なトラブルで眠れない事があったら、人に相談したり

最悪受診するなどして自分を守ってくださいね。


以上、ばーてん職場の愚痴大会でした。

                           
                    

|2010.03.18 Thursday|著者もよくわかっていない福祉の話comments(0)trackbacks(0)|by ばーてん

福祉の話は苦手です( 一一)


ちょいと今回は早めに更新できました(^^)

まず今日の動画ですが(正確には静止画)

ばーてん19歳の頃ギター雑誌「Player」人気投票で当時

爆発的人気を誇ったガンズアンドローゼスのギタリスト、スラッシュを

抑えて1位になっていたヌーノ・ベッテンコート率いるファンクメタルバンド

「EXTREME」であります。

初めてプレイヤーを買ったときにその年に1度の人気投票やってて

ヌーノという名前も初めて聞いて。で、翌日CDショップに行って

2ndと3rdアルバムを一緒に買って聞いて


            どーん


と、とんでもなく衝撃を受けたと(汗)

その3ヵ月後に「WASHBURN」の「N4」をバイト代はたいて購入しておりました。

 WASHBURNってのはギターのブランドでN4はギターの名前でして

人生の中で2本目のギターだったのですが・・・

ギター詳しい人しかわからない話だとわかっていて書きます。

・・・フロイドローズが生理的に受け付けません(ーー゛)

どうもレスポール(の安いモデル)しか弾いた事無かったってのもあったし

アームってのがどうも・・・男だったらビブラートだろっ(`´)

みたいな変なこだわりがあったというか。

このままギターの話ばかりしていたらこれだけでとんでもない

尺になりそうだなこれ・・・いや、ホント書きたい事たくさんあるもんで。

ちなみにエクストリームはほとんどコピーしておりました。

唯一・・・「HE-MAN WOMAN HATER」のソロ終盤にある

鬼速スキッピングタッピングだけ、すべての音が出なかったのが

今思い出しても悔しい(;_:)

もう10年以上も前の曲ばっかりなんだなぁ・・・

今でも好きな曲ばかりなので興味のある方はぜひ(^^)



さて、こっから本題(やっとか)

コメントをいただきまして、その事について少しふれたいかなぁ、と。

プーさん、あらためてコメントありがとうございます(^^♪

えーっとですね、ばーてんが肩を壊したのは・・・


間違いなくスロットの打ちすry)


・・・自分の職場は特別養護老人ホームなので正直肉体労働が主。

なので一緒に働いている職員の皆さんは腰やひざをはじめ

どっかこっか痛めている状態です。

お話できても体を動かす事ができないお年寄りが多く、

そのお年寄りを抱き抱えたり、体の向きを変えたりすることが

非常に大事な仕事でして、ばーてんの奥様も現役介護福祉士の為

それを現場でやっております。決してがっしりした体格ではなく

(むしろやせ形・・・本人は太ったと危機感を感じている様子だが)

スポーツ選手並に背中が張っておりまして、時々トレーナー役を

かって出たりします。えぇ、下心満載のマッサージなぞ(死んで)

ちなみに奥様ただ今夜勤中・・・ホントお疲れさま、とは恥ずかしくて

言えませんが(汗)


最初にお話しした通りこれらは特別養護老人ホームなど、特に介護を

必要としているお年寄りが多い施設のお話です。他にも色々職種があって

それぞれ大変な所があったりします。

不思議なことに高齢者福祉って、肉体労働と精神労働の比率が

バランスよく保たれている事が多いですね。元気なお年寄り相手の仕事は

心の介護により重点が置かれたりしますし。



今、介護職員の低賃金についてとか、雇用の見直し等

色々社会問題になっている事は我々実際働いている人間にしてみれば

大変ありがたいことです。(朝ズバみの〇んたもっと吠えてくれ)

もう冗談じゃないってくらい福祉の働き手が少ないっ(;一_一)

しかも、これから団塊の世代と呼ばれる皆さんが70代80代となった時が

ホントの高齢社会なので、介護の仕事に興味を持っていただけるだけでも


             実にすばらしい(*^。^*)


タダ・・・タダデスネ・・・

介護職員の離職率も異常なんですわ。

人間と正面向き合う仕事、命と向き合う仕事、

いろんな意味でシビアです。

これから資格をって考えている方にネガティブな事話しても

仕方ないのでここでは控えますが

正直仕事は大変です。でも、色々考えて毎日違う答えを探すって

意味ではものすごくやりがいを感じることのできる仕事だとも

思います。

なんか「おは〇う21」とか「〇れ〇いケア」に書いてある

ような事言ってるな俺・・・(爆)



まぁ、どっちにしても介護ってのは



     一所懸命やっちゃいけない 



仕事ですから(これ本当)一度軽い気持ちで挑戦してみても

いいかなぁ・・・とばーてんは思います。

自分なんて高校卒業後の事なんてな〜んにも考えてなくて

母親に「学校から専門学校の本借りといで」とか言われて

借りてきて、母親がばっとめくったページに介護学校が載ってて

「あんた、ここにしたらいいしょ」

・・・これで自分の進学決まってますから(激実話)


プーさんにとって為になった話かどうかは・・・

読み返してみると全然なってないわなこれ(-_-;)


スロの話みたいに福祉の話は上手に話せまへん(涙)








|2009.08.03 Monday|著者もよくわかっていない福祉の話comments(3)trackbacks(0)|by ばーてん

ばーてん、愚痴をこぼします(-_-;)

 「のびのびと 余生楽しむ 今日の我」

今日仕事中に99歳の入所者の方が詠んでくださった川柳です。

認知症もなく、非常にしっかりした女性の方で以前は女医さんをやられていた

そうですが、高齢による身体機能の衰えにより目が見えなくなり、現在

寝たきりの生活をされています。

プライドが高くまさに「孤高」というのがふさわしい・・・そんな方。


この句は思い切り皮肉交じりなんですよ。毎日要介護度の高い入所者の

お世話に追われている現場の介護職員が自分に目を向けてくれない、

自分のペースで生活できない、たまたま通りかかり足を止めた自分と

話せるわずかな時間がこの方にとっての最高の楽しみだ、と。


なんとかならんかなぁ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



あ、すいません('_')


介護の仕事をしているとこういう問題に直面することが多いんですよ。

実際このような問題をクリアしてお年寄りが幸せに生活している施設も

たくさんあるわけで、なんで自分の施設ではこれができないんだろ、みたいな。



と、一人愚痴こぼしているうちにこんなに文字数が(汗)

以前から考えている事なのですが、どうやっても改善できないっ!!!!!

やっぱり公営の施設は限界があるのかしら。


今週末は稼働します(^^)またクラシックかしら、それとも金曜日に入れ替え

があれば新台か?


恐らくパチンコの潜伏狙ってなかったら直帰のパターンだなこれ(爆)

無茶やって昼には布団で泣いてるかも(*_*)


次回こそ回想の続きを書きます。








|2009.06.24 Wednesday|著者もよくわかっていない福祉の話comments(0)trackbacks(0)|by ばーてん
 
プロフィール サイト内検索
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
新しい記事 コメント
アーカイブ カテゴリ リンク モバイル
qrcode
Others Others
ムームードメイン
    

ページの先頭へ